Yuko Kawahara ミニアルバム 『It goes on』

¥ 1,200 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料200円が掛かります。

通報する

Yuko Kawahara ”It goes on" 4曲入り
© arcadia Records
1.The sea
2.It goes on
3.fantache reve
4.sakamichi

これまでの河原優子の世界観をガラっと変えた渾身の一枚。
元々河原の中にあった、強くそして狂気なエネルギーを重厚なサウンドで表現。

それは…
ずっと渦を巻いて出口を探していたようなエネルギー…
もしかしたら、誰もがもっている闇であり、光なのかもしれない…

M1のThe Seaは海中を漂うことが好きな河原がある夜、あまりに海が恋しくなり、海を思い出すためになんとなくピアノを弾いたことで生まれた曲である。
美しさと恐怖、どちらも河原が愛する「海」である。
M2のIt goes onはアルバムのタイトルにもなっている。なにがあっても人生には続きがある、という意味が込められている。たまたまその言葉を目にした河原自身がその意味にとても救われ、夢を追い続けるパワーとなった。
M3のfantache reveはフランス語。日本語や比較的身近に感じている英語ではない響きがイメージにあり、もともとヨーロッパの霧深い重たい空気が河原の中にあったこともあり、フランス語を歌詞に使った一曲である(それはM1のThe Seaにも言えることで、具体的な言語では表現がしきれず、新しい言葉を作ったという)。ライブステージでは操り人形のようなパフォーマンスを披露している。
M4のsakamichiは河原の1stソロアルバム「Falling Into You」の一曲目に入っている「坂道」のリメイクである。唯一親のことを歌った曲で、河原の楽曲の中でも反響の大きかった曲である。リハーサルでうっかりすると、時々大泣きしてしまうらしい...笑

そんなIt goes on...
ヨーロッパの深く垂れ込めた曇り空を思わせる重厚なサウンドも合わせて
是非お楽しみください
サウンドアレンジはShangri-Laのパートナー日暮風太が担当

河原優子公式HP
https://www.yukokawahara.com